着物関連情報

HOME着物に合うヘアアレンジ

最終更新日:2017/11/20

着物に合うヘアアレンジ

黄色い着物を着ている女性

かつては着物を着た時の髪型というのはある程度決まっていました。例えば、結婚式の時によく見られた文金高島田は、確かに着物との組み合わせはとても良いのですが、仕上げるまでに時間もかかりますし、そもそも普段遣いのヘアスタイルとは言えませんよね。そのため、最近の結婚式では自分の好きな髪型にして、あとは綿帽子をかぶって本番に臨むという新婦さんも増えています。
このように、着物とヘアスタイルをどうするのかは、洋服の時以上に頭を悩ませるのですが、年配の方ならともかく、最近は気にせずに自分のヘアスタイルにして良いという風潮が一般的になっています。とは言え、やはり着物と相性が悪い髪型というのもやはり存在しています。
その代表格と言えるのが、ポニーテールです。「いや着物でも結構やってる人いますよ」と言われそうですね。確かにポニーテールを着物に合わせても似合わないことはないのですが、洋服の時のように結んで、ただ垂らしているだけだと、帯や襟足ともぶつかってしまい、せっかくの着物の柄やデザインを隠してしまうこともあります。でも、ポニーテールのためだけに髪を切るのはちょっとやりすぎですから、その場合は、結んだ髪が上手く前に来るように調整するといいでしょう。帯の見せ場は何と言っても後ろ側にありますから、ここはできるだけ邪魔をしないようなヘアスタイルにしておきたいですね。
また、男性の中には着物姿の女性が二割増しくらいかわいく見えているといった話も聞きますよね。これは艶やかな着物や、いつもと違うヘアスタイルなど、理由はいろいろあるでしょうが、一番多いのが襟足からうなじにかけてのラインに色っぽさを感じるからなんだそうです。うなじなんていつでも見られそうなものですが、この上品な色っぽさに逆にドキドキしてしまう男性も少なくないようです。
なので、着物を着る時に、ちょっと男性の目が気になるロングヘアの女性はただ結ぶのではなく、アップヘアでまとめておくといいかも知れませんね。これなら髪もあちこち行って邪魔になると感じることもありませんし、かわいい感じを残しつつ大人の色気も演出できるとあって良いことづくめです。
男性の視線はそこまで集めたくないという人であれば、結ばずにそのまま垂らすというのもありかも知れません。普段髪が短めという人はウィッグで補うのもアリです。今は通販で着物のセールも頻繁に行われていますし、日常生活の中に着物を取り入れやすくなっています。イベント事だけでなく、普段の生活にも着物を取り入れてみてはいかがでしょうか?

一覧はこちら

着物ランキング

TOP